受賞作品・生徒作品

2007年 コンテスト



日本フラワーデザイン大賞

第3位釣り花部門

横山達樹さん
東京都立芝商業高校出身

吊花の特徴である軽やかなイメージを崩さず、泳ぐ生物をデザインに落とし込みたくて制作。既存の吊花の植物基盤という考え方をいい意味で壊したかった。デザインやバランスのとり方など、コンテスト準備を通して得たものは多く、作品のイメージをより一層よくする技術も学べた。就職した今、商花+独自のデザインで売上促進をはかれれば、この上ないことだと思います。今後もコンテストには積極的に参加し、商花を良い意味で壊しつづけ、新しい花の世界を築いていきたいと思っています。在学中の2年間、技術・知識はまじめにやれば誰でも得られるものだと思いました。在学中にこのような結果を残すことができ大変ラッキーであり、良い体験をさせてくれた学校に感謝しています。


奨励賞コラージュ部門

菊池祐子さん
埼玉・東京成徳深谷高校出身

宗教的で、長年の文化を感じるペルシャ絨毯の模様をイメージし作品を発想しました。自分のイメージが崩れないように、また見た人が自分のイメージを感じてもらえるようにということを考え制作。作ることの面白さ、良い作品を作るために悩んだり、集中したり、またその大切さを知ったり、そうして出来上がった作品はやはりいいものであったという満足感。この先、この思いを忘れないようにしたいと思います。学校では沢山の情報を与えてもらったし、なかなか出会うことが出来なかったであろうすごい先生や仲間と行事やフラワー装飾などで出会うことができた。この二年間をこの先最大限にいかしていけたらいいと思います。


関東・東海 花の展覧会

銀賞日本生花商協会長賞
コサージュ部門

上田博信さん 茨城県立石岡第一高校出身

アールヌーボーの曲線を生かしながらも、立体的な形になるよう気を配りました。全力を尽くした作品で入賞でき、自分の作品づくりに自信がつきました。


銀賞日本生花商協会長賞ブーケ部門

木村幸さん
東京都立山崎高校出身

チューリップから流れるチェーンを工夫しました。展覧会前はとても大変でしたが、練習中に上達していくのが自分でもわかりました。


銅賞アレンジメント部門

金南姫さん
韓国・Soon Eui女子短大出身

試行錯誤した結果、スチールグラスでボリューム感ある土台を作り、ラインを生かすシンプルなデザインに。このスタイルを私の個性として伸ばしていきたいですね。



世界らん展日本大賞

トロフィー賞

川野沙和さん
鹿児島県立松陽高校出身

身近な存在の月をイメージし、自分なりに膨らませ作品を作りました。三日月の船を型ちどり、白、ピンク、緑などの色を使って、優しく愛らしい月の女神様をイメージ。「らん」にも色々な種類があるので、どれを使うか考えたり組み合わせるのがおもしろかったですね。



お問い合わせ、資料請求のお申込み

こちらでは各種お問い合わせを受け付けています。
ご希望の項目にお進みください。


お電話でのお問い合わせ

03-3200-8717



日本フラワーデザイン専門学校では、「いけばな」と「フラワーデザイン」の両面を学び、新たな花の文化を発信すべく、
花の造形家を育て、フラワーショップや、ウェディング、花のディスプレーや、庭園デザイン、装飾活動で活躍する若者を育てています。

学校法人 環境芸術学園 日本フラワーデザイン専門学校  〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-22 Tel:03-3200-8717(代表)

Copyright (c) 2008 JAPAN FLOWER DESIGN COLLEGE. All rights reserved.