受賞作品・生徒作品

在学生の声

「この専門学校で」と決断。憧れのブーケ制作が叶う日まで!

社会人として長い間働いてきた私にとって、進路変更で将来が見えなくなることへの不安は相当なもの。専門学校に通うか、働きながらスクールに通うか迷っていました。そんな時に参加したのがこの学校の体験入学。学校の特色や丸いブーケの話を聞き、「テキストに描かれている丸いブーケを私も作ってみたい!」と強く思ったのです。それに「何度も何度も練習を重ねなければプロにはなれない。」とも教わり、「この専門学校でしっかり身につけるべきだ。」と決断できたのです。吸収することの大変さと楽しさを実感しながら、憧れのブーケ制作を目指して日々頑張っています。

玉井 愛純さん
千葉 市立柏高校→社会人経験


自然との共感、新しい感性が生まれてくる。(自然観察)

植物はいつも生け花やアレンジメントの材料としてしか見ていなかったので、今回の自然観察は植物を命として実感できる機会でした。植物のありのままの姿をじっと見て感じたり触って感じたりいつもの植物の感じ方と違って、新鮮な感覚が生まれてきました。とても清々しくなり五感が研ぎ澄まされ、自分自身を深く感じ取れました。この感覚をこれから僕の「花の芸術」に表現したいと思います。

村越 大幹さん
神奈川 相洋高校出身


現場での貴重な経験(そごう大宮店ディスプレイ)

元々ディスプレイの仕事に興味がありましたので、今回の機会は私にとって実際の現場が体験できるいい機会でした。現場の下見を行い、担当の方と打ち合わせをする時に不思議と緊張感とわくわく感が同時に出てきました。企画書を提出し、試作を作るという課程はあっという間に終わり、本番用を作り始めました。うまくいかず悩んだ時もありましたが、先生方と友達の協力で無事に搬入・設置まで終えることが出来ました。お店の方に「素敵なディスプレイで写真を撮ったお客様がいらっしゃいました。」その話を聞いた時の嬉しさと達成感は忘れられません。今後ディスプレイの仕事について改めて考えていきたいと思います。

原田 千裕さん
東京都立農業高校出身


いけばなから学ぶ日本の文化(いけばな実技)

いけばなは日本が世界に誇る花の文化です。せっかく日本で花の勉強をするのに、いけばなを学ばないともったいないとずっと考えていました。いけばなを通して、和の感覚を学ぶことが出来、さらに日本の花文化を理解するのにもすごく役に立っています。さらに私の世界観が広がり、花の表現でもそれが繋がって、多様な表現ができるようになり非常に嬉しいです。

楊 媛媛さん
中国 順徳区職業技術学院大学出身


脱線したって、奥が深くて楽しい!(花の文化)

「花の文化」の授業は、なぜ日本にフラワーデザインの技術が伝わってきたのかを学ぶ授業です。今まで知らなかったことを興味深くまた面白く先生が解説してくれ、時には授業が脱線してしまうことがあるのですが、その話もどこかフラワーデザインに繋がっていて、とくに川崎先生の授業はいつも楽しく受けることができます。また同級生にはさまざまな年齢の人や留学生もいて、私の知らないことを話してくれたりするのでとても楽しい毎日です。

橋本 直貴さん
山梨県立北杜高校出身


お問い合わせ、資料請求のお申込み

こちらでは各種お問い合わせを受け付けています。
ご希望の項目にお進みください。


お電話でのお問い合わせ

03-3200-8717



日本フラワーデザイン専門学校では、「いけばな」と「フラワーデザイン」の両面を学び、新たな花の文化を発信すべく、
花の造形家を育て、フラワーショップや、ウェディング、花のディスプレーや、庭園デザイン、装飾活動で活躍する若者を育てています。

学校法人 環境芸術学園 日本フラワーデザイン専門学校  〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-22 Tel:03-3200-8717(代表)

Copyright (c) 2008 JAPAN FLOWER DESIGN COLLEGE. All rights reserved.