就職支援

2016.12.12

谷口雅邦先生特別セミナー 今年も開講

毎年大好評の谷口雅邦先生特別セミナーが、本年も開講となりました。

将来様々な場面で植物表現が出来るよう、普段の授業でもお世話になっている龍生派のいけばな作家・谷口雅邦先生のご指導のもと、いけばなの持つ多様な魅力を学びます。「植物表現力アップ講座-いけ花エッセンスを活用-」を念頭に、毎回テーマに添って作品を制作します。

 

s_DSC03967.jpg       s_DSC03957.jpg

 

 

3回目のプログラムは「正月の花」。

正月とは何なのか、由来を勉強しつつ、イメージに繋がる言葉をいくつか出し、作品のラフスケッチを描き各自の正月の花を試みます。

教室には正月のアイテムであるしめ縄や水引に松、南天等の季節を感じる植物が並びました。

ラフ画をもとに、使う花器や資材を決め、植物を活けていきます。

 

s_DSC03889.jpg

 

水引を幕のようにデザインした1年生の西梅瑠奈さん。タイトルは「境界」。

「正月がテーマということで、水引のこちら側が今年、向こう側が来年という表現に挑戦してみました。このセミナーでは、挿す、吊るす、結ぶ等の様々なテクニックが必要となるので、周りの仲間はどんな使い方をしているのか観察しながら勉強しています。」と話します。

 

s_DSC03862.jpg

 

同じく1年生の吉川玲菜さんは、「松が思ったより重たくて、垂直に立てるのに時間が掛かりました。実際に触ってみないと分からないことも植物にはいっぱいあって、毎回面白いです。」と体験談を語りました。

 

普段の授業では出来ない規模で作品を制作する谷口雅邦先生特別セミナー。

全5回で、残すところあと2回となりました。

これからは進級・卒業創作展も待ち構えています。

この経験が今後のフラワーデザインにどう生かされていくか楽しみです。




日本フラワーデザイン専門学校では、「いけばな」と「フラワーデザイン」の両面を学び、新たな花の文化を発信すべく、
花の造形家を育て、フラワーショップや、ウェディング、花のディスプレーや、庭園デザイン、装飾活動で活躍する若者を育てています。

学校法人 環境芸術学園 日本フラワーデザイン専門学校  〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-22 Tel:03-3200-8717(代表)

Copyright (c) 2008 JAPAN FLOWER DESIGN COLLEGE. All rights reserved.