プロのフラワーデザイナーを育成する、日本 フラワーデザイン 専門学校


学校法人 日本フラワーデザイン専門学校

お電話でのお問い合わせ03-3200-8717


 学校法人 日本フラワーデザイン専門学校 フラワーデザイン授業レポート

  • フラワーデザイン授業レポート

Posted on 2008.06.17 - 授業レポート -

11 植物のテクスチャー


617()

「人間と同じように、植物もそれぞれ個性、キャラクターを持っています。姿・形や、花や茎がどんなリズムで生長していくかはキャラクターの構成要素です。それらをよく観察して植物の特徴を理解し、作品に取り入れることがフラワーデザインでは重要。今日は、やはりキャラクターの一つであるテクスチャーについてお話します」

と岡先生。

 

テクスチャーとは、葉、茎、花の表面の質感と特徴のことで、材質感ともいう。フラワーデザインでは、手でさわった感触よりも、視覚的な印象を大切にするのだそう。

「実際に触れなくても、温かそうとか、冷たそうとか、繊細、柔らかそう、エレガント、都会的、カントリー風などの印象は、目で見て感じ取れるでしょう。どの植物がどんな材質感を持っているか、その材質感をどう表現するのか考えてみましょう」

と先生。

 

アンスリウムやフィロデンドロンは、硬くて光沢があり、なめらかでクールな印象。だから「金属のような材質感を持っている植物」と表現できる。すべすべして光沢のあるヒアシンス、スズランなどは「磁器・陶器のような材質感」。光沢があってなめらかだけど、厚みを感じるゲイラックス、ツバキの葉などは「皮のような」。柔らかく繊細、薄くてしっとりした感じのお花のラナンキュラス、スイートピー、ポピーなどは「シルクのような」。他にも深紅のバラ、セントポーリアなど、柔らかく深みがあり、落ち着いた光沢のあるお花は「ビロードのような」と表現できるし、ふわふわして柔らかく、あたたかな印象のケイトウは「ウールのような」となる。ざらざらして艶のないソリダコ、エリンジウムは「麻のような」印象・・・。

 

すべすべしている、とか、柔らかそうという印象を植物から感じることはあったけど、テクスチャーの表現がこんなにバラエティに富んでいるなんて、考えたことなかった。

 

「テクスチャーは、お花のイメージや雰囲気と結びついています。どんなテクスチャーを持つ植物かによって、飾る場所にも影響がでてきます。皆さんも着ていく洋服を選ぶとき、出かける場所に合わせて服の質感、素材感を決めることはあるでしょう。また、レザースーツを着たとき、シルクのワンピースを着たとき、それぞれどんな気分になって、どんな場所にでかけたくなりますか?少なくとも、高原へピクニックには行かないわよね。それと同じで、お花もレザーのような材質感の植物は都会的で新しい建築物に向くとか、シルクやビロードのような植物は、老舗ホテルのロビーなどあらたまった雰囲気のところと、関係性は出てきますよ」 

と岡先生。

 

これは器との関係でもいえること。金属的な光沢を持つ植物には、同じくクールで金属的な雰囲気の器を合わせる。エレガントな磁器を思わせるテクスチャーの、例えばユーチャリスのようなお花なら、ガラスや磁器、陶器の器。キンセンカ、ヤグルマギクなど、きめの粗いテクスチャーで野趣のあるものの場合は、テラコッタやバスケットなど、田舎を連想するものが合うとか・・・。

 

「テクスチャーは色によっても印象は変わります。深紅のバラの花びらはビロードのような印象だけれど、白バラの花びらはシルクのように見える。同じ色でも、粗く凹凸のある表面では色は鈍く落ち着いて感じるけれど、なめらかな表面では明るく強く輝いた色に見えます」

そう言われてみれば、その通りだ!

 

その他、植物の個性に与える影響が大きいものといえば、色。一本の花でも、花びらの表と裏、つけ根と先端、開花したときと蕾によっても違いがある。また香りや、花にまつわる神話などの象徴性も個性に結びつくのだそう。

植物のキャラクターを決める要素って、本当に幅広いんだ。

 

「どのような植物がどんな特徴を持っているか、分類について本などで学ぶことは作品作りに役立ちます。でも、単に知識として覚えるだけでは不十分。自分自身の感性で、その植物がどんな雰囲気を持っているのか感じ取ろうとしなければ。理論と自分の感覚、そして経験。頭と心の両方で植物に接することが大切なのよ」

と先生。

 

植物の性格や個性は、一面的に決めつけることはできない。観察する人の感性が豊かであればあるほど、さまざまな個性を感じ取ることができるんだ。感じ取った個性を生かしたフラワーデザインは、植物の生き生きとした生命力を感じさせるものになる。

植物を観察する目を養って感性を磨き、そんな作品が作れるようになりたいな。

 

 

DSC_0032.JPG午後の実技の授業は「並行装飾的」のアレンジメントの3回目。

主役は1回目と同じひまわり。

その他バラ、スプレーカーネーション、ソケイ、ゲイラックスを使います。

 

 

 

 

 

「今日は特にアドバイスはしませんから、自分で考えて、1時間で完成させましょう」

と岡先生。

 

DSC_0004.JPG教科書や、これまでの実技のノートを参考にして考える。

 

アシンメトリーに構成する並行装飾的のアレンジメントで大切なのは、まずグルーピング。主のグループ、対抗するグループ、寄り添うグループに入れる花の分量を8:5:3の割合にすること。

 

 

DSC_0017.JPG

 

次に植物素材を互いに並行に配置し、並行性を出すこと。そして人工的なイメージを強めるために、閉じた輪郭を形成すること。

ソケイを使って、閉塞感が出るように仕上げるんだっけ。

並行装飾的のアレンジメントは、同じ並行でも植生的より華やかなので好きだな。

 

 

DSC_0026.JPG出来上がった作品に対しての、先生の講評です。

「右端の作品は、3つのグループに入れる花の分量が4:2:1になってしまっているわね。一番左は、主のグループと寄り添うグループが一体化した印象。グルーピングをもっとはっきりと」

「ひまわりは上に向かって咲くお花だから、お花の周囲に全体に空間が必要な丸い形態でしたね。この挿し方では少しきゅうくつそうね」

 

DSC_0039.JPG

 

 

「カーネーションも、お花の咲き方や大きさを見て、各グループに合うようにグルーピングをしてから挿しましょう」「ゲイラックスの位置、各グループの中心に挿している人が多かったけど、アシンメトリーのアレンジメントなので中心軸からはずす必要があります」

 

 

 

DSC_0058.JPGうーん、自分の作品と照らし合わせてみても、反省点がたくさんある・・・。

花材を吸水フォームから全部抜いて、もう一度で生け直し。やり直すと勉強になる。さっきはひまわりとバラに対して、カーネーションを高い位置にたくさん挿しすぎた。今度はリズム感と高低差を考えて段付けしなきゃ。

出来上がったら自己診断。なんとなくメリハリがないなぁ。主のグループと寄り添うグループの距離が近すぎるからだ!構成理論の講義でも習ったグルーピングは、作品にメリハリを与える効果があるとはわかっているけれど、実際自分でやってみると、グループ同士の間隔の取り方がけっこう難しいんだよね。

でも、理論を勉強したおかげで、なぜこうなったのかを分析する力がついたのは大きな進歩!

 

 

 

DSC_0062.JPG 

 


Copyright (c) 2008 JAPAN FLOWER DESIGN COLLEGE. All rights reserved.