就職支援

学校の先生方へ

ホテルのロビーをはじめ、レストラン、ブティク、リビングや結婚式、パーティーに欠かせない花。生活空間のさまざまなシチュエーションに花のアレンジメント、ブーケ、コサージュ、空間装飾が広がりを見せています。

日本フラワーデザイン専門学校は
未来に生きる若者に
新しい時代に求められる花のデザイン・センス・技術・技能を確かなものにします。

日本の花の仕事は大きく変わっています。世界に誇る日本の伝統文化「いけばな」がしだいに見られなくなり、変わるものとして「フラワーデザイン」が広がりを見せています。 その昔、いけばなの材料を売ることを大きな目的としていた花屋は、大きく変わり、ミニアレンジやミニブーケなどを店頭に置き、花のばら売りから、デザインされた商品を販売するといった変化を見せてます。本校では“デザインなくして花屋は開かれない”といった現在の状況に充分応えられるデザイン力を備えた専門家の育成に力を注いでいます。

専門学校で勉強することの魅力

  • 大学・短大には設けられていない花の専門コースで花の装飾技術を身につけます。
  • 花屋の店頭でのアレンジメント、花束制作などを行うこと、ブライダル現場などの作品作りが卒業後、第一歩の仕事となります。
  • 花屋での実務経験だけでは得られない専門家としての専門知識・技術・技能を身につけることにより、高度な花屋経営やフラワーデザイナー活動が可能となり、就職2~3年で店長候補として認められ3~5年で店長につくことが可能です。
  • レベルの高い実務力養成のため、ホテルや企業ショールーム、レストランなどでの装飾活動を積極的に取り入れ、花屋の実務でもなかなか経験できないことを確実に経験し、確かな力を備えます。
  • 技能五輪国内大会では5年連続、入賞を果たし金賞受賞の全国制覇も2回。さらに、国際大会にも2005年、2007年の2回出場し、国際レベルの力を身につけています。
  • 花屋実習(インターンシップ)では花屋での仕入れや、売れ筋商品など花屋の経験をしなければ得られない技術、知識、人間関係を知ることにより、実務経験後に開業することができます。
  • ブティク、レストラン、美容室などへの生け込みの仕事、花嫁のブーケ作りや式場のメインテーブル装花を任されることも可能です。
  • テレビ業界やディスプレイ、雑誌などのモデル装花、コマーシャル写真のメディア装花などの華やかな職場を目指すことができます。
  • 実務経験後、フリーのデザイナーとして活躍することも夢ではありません。
  • 本校の幅広い授業により、ディスプレイ分野以外にも空間デザイナーやイメージプランナー、パーティープランナーとしての活躍もできます。
  • フラワーデザインスクール講師として人の指導にあたることができます。
  • フラワーデザイン教室の開業をすることも可能です。
  • さまざまなコンテストで作家活動を行うこともできます。
  • 花屋を開業することも可能です。

成績・入学基準

  • 評定平均3以上の成績者で、意欲のある方であれば心配は要りません。
  • 高校での成績が少し思わしくない人でも“花に対する想いを充分に持っている人”コツコツと努力を続けられる人であればフラワーデザインの世界で活躍することは可能です。
  • 高校時代の欠席が少なく、花を大切にする心をもち意欲のある人であれば力を備えることができます。(技術・技能教育は授業出席による訓練指導を受けることが非常に重要なので、欠席遅刻については厳重な指導を行っています。)

花の仕事に向く人

  • 自然や環境に興味を持ち花が好きな人。
  • 花の魅力で、さまざまな人に安らぎや癒しを提供したいと考える人。
  • 何事もコツコツとまじめに取り組むことができ、継続して努力できる人。
  • いけばなやフラワーデザインを今までに経験されていない人でも自然や、花への関心が深く、花の魅力を最大限に生かし、人間生活を向上させたいと願う人であれば、力を身につけることは可能です。(入学者の98%は花のデザインの経験をしていません。)
  • センス・感性に自信がないという方も、本校の授業でブラッシュアップすることが可能です。

卒業までに取得可能な資格と卒業後受験可能な資格

フラワー装飾技能士(厚生労働省)

3級…本校入学と同時に受験資格が与えられます。
1年次7月に学科・実技を受験(2014年度:100%合格)

2級…1年次の3級合格者の2年次および、本校卒業生。一般の人は2年間の実務経験。
2年次7月に実技、9月に学科試験を受験。(2014年度:97.6%合格)

1級…在学中に2級資格を取得した者は卒業後2ヵ年の実務経験ののち受験資格が得られます。
一般の人は実務経験7年が求められます。

フラワーデザイナー検定(日本フラワーデザイナー協会)

3級…本校入学後所定時間授業を受けることにより受験資格を得ることができます。
1年次7月に受験(2014年度:100%合格)

2級…1年次の3級合格者が一定時間の授業を受けることにより受験可能。
2年次7月に学科・実技を受験(2014年度:98.2%合格)

1級…2年次在学中に2級を取得した者は一定時間の授業を受けることにより卒業年の7月に受験可能。
卒業生の希望者は夜間の進級コースでの指導を受けることが可能(2007年度:進級者の100%が合格)

講師資格…1級合格者は一定の講師養成講座を受けることにより資格の取得ができます。

色彩能力検定(文部科学省後援)

3級…受験資格は特に設けられていない。(2014年度87%合格。専門学校生の全国平均合格率は75%)

2級…受験資格は特に設けられていない。(2014年度88%合格。専門学校生の全国平均合格率は60%)

1級…受験資格は特に設けられていない。(ここ3年間本校卒業生の受験はありません)

硬筆検定

在学2年次に3・2級を受験。

グリーンアドバイザー資格

本校1年次に植物学の授業を履修した者に受験資格が与えられます。(受験者中100%合格)※例年5~6名の希望者が受験

卒業までに身につく力

フラワーデザイン造形科(昼・1カ年)

アレンジ・花束・ギフト・基礎ブーケ・コサージュ各種・アクセサリー各種の制作能力と花屋での基本業務。スペースデザイン、ディスプレイの基礎業務を身につけることが可能です。 就職後、最短2.5ヵ年で店長についた学生がいます。

フラワーデザイン本科(昼・2カ年)

造形科1ヵ年に加え、次の技能、技術、知識が身につきます。 ブライダル装花・ディスプレイ装花・パーティー装花・空間装飾全般の技能、技術。 パーティープラン、フラワー装飾企画書作成能力、プレゼンテーション能力、花屋開業実務等についての知識

  • 実技実習が多く初心者も安心
  • デザイナー養成カリキュラムが充実
  • センス(個性)が磨ける洗練されたカリキュラム
  • 資格取得が大きな武器
  • 海外留学で世界のトップから学ぶ
  • (社)日本フラワーデザイナー協会講師が直接指導
  • 少人数生で丁寧に指導

日本フラワーデザイン専門学校の設置学科

  • 2年制・男女共学

  • 1年制・男女共学


フラワーデザインの授業とは

  • 初心者をプロに導く本校の多彩な授業を紹介します。

  • 世界で活躍するビッグデザイナーから直接指導を受ける特別授業。


  • 学んだことをもとに実践の場でトライし、経験できるのが本校の特色です。


活躍する卒業生

あなたはどんな花の仕事を目指しますか?フラワーショップだけではありません。華やかな披露宴を飾るブライダル、イベント会場などの空間を演出するディスプレイの仕事、公園や庭造りを任されるガーデナー…。ショップフローリスト、フリーのフラワーデザイナーとして活躍する道も広がっています。



資格は取れるの?気になる就職は?

社会で活躍するための「基礎」を身につける

本校では授業の中でも就職にかかわるさまざまな話題を取り上げながら、より具体的な授業を展開しています。さらに積極的に就職活動のあり方や花業界のフラワーショップ、ブライダル、ディスプレイ、フラワーコーディネーターなど分野別の職業理解と職場で求められるマナー、ルールそして、就職方法について独自のプランにより詳しく指導しています。



お問い合わせ、資料請求のお申込み

こちらでは各種お問い合わせを受け付けています。
ご希望の項目にお進みください。


お電話でのお問い合わせ

03-3200-8717



日本フラワーデザイン専門学校では、「いけばな」と「フラワーデザイン」の両面を学び、新たな花の文化を発信すべく、
花の造形家を育て、フラワーショップや、ウェディング、花のディスプレーや、庭園デザイン、装飾活動で活躍する若者を育てています。

学校法人 環境芸術学園 日本フラワーデザイン専門学校  〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-22 Tel:03-3200-8717(代表)

Copyright (c) 2008 JAPAN FLOWER DESIGN COLLEGE. All rights reserved.