学校案内

校長挨拶

「自然と共に生きる」ということ。日本フラワーデザイン専門学校理事長・校長 池田希


人類は、地球創生の時代から植物をとおし、多くの自然の恵みを受け取り今に至っています。特に日本は、世界にもまれに見る四季明瞭な国で、温暖な気象条件が整い、四季折々の美しい草花を見ることができます。この自然がおりなす「花の美しさ、花の命」に心を奪われた日本人は、世界で一番古い花の文化「いけばな」を生み出しました。いけばなは日本人の誇りではありますが、社会や生活の変化に伴い、少しずつ変わっています。
欧米から入ったフラワーデザインも、装飾という狭い用途から抜け出し、芸術的価値をもったものへと進化しています。
本校では、これらの「いけばな」と「フラワーデザイン」の両面を学びながら、新しい花の文化を模索し発信すべく、時代にふさわしい活動的な花の造形家を育てることを目的としています。フラワーショップでの花束、アレンジメントの制作はもとより、レストラン、ブティックなどでの生けこみ、花を中心としたディスプレイやウエディング、パーティーのコーディネートおよびプランニング、さらには庭園の仕事までと、幅広い活躍ができる若者を育てています。
草花の持つ、安らぎや癒しは現代に欠かせないものとなっています。花の新たな魅力を引き出し、人類の未来への貢献をめざす若い力に期待します。

お問い合わせ、資料請求のお申込み

こちらでは各種お問い合わせを受け付けています。
ご希望の項目にお進みください。


お電話でのお問い合わせ

03-3200-8717



日本フラワーデザイン専門学校では、「いけばな」と「フラワーデザイン」の両面を学び、新たな花の文化を発信すべく、
花の造形家を育て、フラワーショップや、ウェディング、花のディスプレーや、庭園デザイン、装飾活動で活躍する若者を育てています。

学校法人 環境芸術学園 日本フラワーデザイン専門学校  〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-22 Tel:03-3200-8717(代表)

Copyright (c) 2008 JAPAN FLOWER DESIGN COLLEGE. All rights reserved.